読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ほんのりお味噌味

小説に関する情報や、感想など(主にSF)

星新一 kindle 作品一覧

星 新一(ほし しんいち)

1926年(大正15年)9月6日生まれ。1997年(平成9年)12月30日没。

父は星薬科大学の創立者で星製薬の創業者・星一森鴎外は母方の大伯父にあたる。

 

初めて読んだのは中学生の頃で、『ようこそ地球さん』。夢中になりました。

これ以来、読書傾向が大きくSFに傾いていきました。

ショートショートという分野自体もいまだに大好きです。

この人が日本にいて良かった。

 

最相葉月による伝記『星新一 一〇〇一話をつくった人』には泣かされました。

 

 

 

 ・きまぐれロボット (角川つばさ文庫)

 ・宇宙の声 星新一ジュブナイル・セレクション (角川つばさ文庫)

 ・まぼろしの星 (角川つばさ文庫)

 ・つぎはぎプラネット(新潮文庫)

 ・天国からの道(新潮文庫)

 ・ふしぎな夢(新潮文庫)

 ・声の網 (角川文庫)

 ・城のなかの人 (角川文庫)

 ・きまぐれ星のメモ (角川文庫)

 ・きまぐれ博物誌・続<きまぐれ博物誌> (角川文庫)

 ・宇宙の声 (角川文庫)

 ・きまぐれ学問所 角川文庫

 ・あれこれ好奇心 角川文庫

 ・きまぐれロボット (角川文庫)

 ・きまぐれ博物誌<きまぐれ博物誌> (角川文庫)

 ・おかしな先祖 (角川文庫)

 ・ごたごた気流 (角川文庫)

 ・竹取物語 角川文庫

 ・地球から来た男 (角川文庫)

 ・ちぐはぐな部品 角川文庫 緑 303-4

 ・きまぐれエトセトラ (角川文庫)

 ・気まぐれスターダスト (ふしぎ文学館)

 ・明治の人物誌 (新潮文庫)

 ・夜明けあと (新潮文庫)

 ・きまぐれ遊歩道 (新潮文庫)

 ・つねならぬ話

 ・これからの出来事

 ・どんぐり民話館

 ・凶夢など 30

 ・ありふれた手法

 ・ご依頼の件

 ・きまぐれフレンドシップPART1 (新潮文庫)

 ・きまぐれフレンドシップPART2 (新潮文庫)

 ・安全のカード

 ・どこかの事件

 ・たくさんのタブー

 ・なりそこない王子

 ・おみそれ社会

 ・夜のかくれんぼ

 ・ノックの音が

 ・盗賊会社

 ・エヌ氏の遊園地

 ・できそこない博物館 (新潮文庫)

 ・かぼちゃの馬車

 ・さまざまな迷路

 ・未来いそっぷ

 ・だれかさんの悪夢

 ・ひとにぎりの未来

 ・にぎやかな部屋

 ・きまぐれ暦 (新潮文庫 ほ 4-19)

 ・おせっかいな神々

 ・明治・父・アメリカ (新潮文庫)

 ・人民は弱し 官吏は強し (新潮文庫)

 ・ブランコのむこうで

 ・妄想銀行

 ・夢魔の標的 (新潮文庫 ほ 4-13)

 ・白い服の男

 ・午後の恐竜(新潮文庫)

 ・宇宙のあいさつ

 ・妖精配給会社

 ・マイ国家(新潮文庫)

 ・おのぞみの結末

 ・悪魔のいる天国

 ・ボンボンと悪夢

 ・ほら男爵 現代の冒険

 ・気まぐれ指数 (新潮文庫)

 ・ようこそ地球さん

 ・ボッコちゃん

 ・殿さまの日(新潮文庫)

 ・A Well-Kept Life(星新一ショートショートコレクションVol.1 英語版) (English Edition)

 ・The Whimsical Robot(星新一ショートショートコレクションVol.2 英語版)

 ・生命のふしぎ

 ・Voice Net(声の網 英語版)

 ・The Other Side of the Swing(ブランコのむこうで 英語版絵本)

 

 

 

星新一 - Wikipedia

星新一公式サイト

当サイトはamazon.co.jpのアソシエイト・プログラムの参加者です。