読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ほんのりお味噌味

小説に関する情報や、感想など(主にSF)

都筑道夫 kindle 作品一覧

都筑 道夫(つづき みちお)

1926年7月6日生まれ。2003年11月7日没。

 

SF界にもミステリ界にも貢献した偉い人。

ただ、実作者としての影響はミステリの方に軍配があがる。SF界へは翻訳者、編集者としての影響の方が大きいかな。

 

『猫の舌に釘をうて』には驚いた。

「私はこの事件の犯人であり、探偵であり、そしてどうやら、被害者にもなりそうだ」と、『シンデレラの罠』のように始まるが、『シンデレラの罠』の発表は1962年、『猫の舌に釘をうて』は1961年発表。

大胆なトリック、仕掛けが施されており、初読時このような作品に免疫のなかった僕は本当に驚いた。

 

『七十五羽の烏』もすごい。各章に注釈がつけられており(同じ手法を使った作品に倉知淳『星降り山荘の殺人』がある)、その注釈部分も含めて徹底的にフェアな記述が施されている。

 

 

 

 ・殺人現場へ二十八歩 (光文社文庫)

 ・毎日が13日の金曜日 光文社文庫―本格推理ホテル・ディック・シリーズ

 ・探偵は眠らない 新装版~ホテル・ディック・シリーズ~ (光文社文庫)

 未来警察殺人課[完全版] (創元SF文庫)

 ・銀河盗賊ビリイ・アレグロ/暗殺心 (創元SF文庫)

 ・女泣川ものがたり(全) (光文社文庫)

 ・ちみどろ砂絵 くらやみ砂絵~なめくじ長屋捕物さわぎ(一)~ (光文社文庫)

 ・からくり砂絵 あやかし砂絵~なめくじ長屋捕物さわぎ(二)~ (光文社文庫)

 ・きまぐれ砂絵 かげろう砂絵~なめくじ長屋捕物さわぎ(三)~ (光文社文庫)

 ・まぼろし砂絵 おもしろ砂絵~なめくじ長屋捕物さわぎ(四)~ (光文社文庫)

 ・ときめき砂絵 いなずま砂絵~なめくじ長屋捕物さわぎ(五)~ (光文社文庫)

 ・さかしま砂絵 うそつき砂絵~なめくじ長屋捕物さわぎ(六)~ (光文社文庫)

 ・怪奇小説という題名の怪奇小説 (集英社文庫)

 ・七十五羽の烏 (光文社文庫)

 ・最長不倒距離 (光文社文庫)

 ・朱漆(うるし)の壁に血がしたたる 光文社文庫

 ・女を逃すな~都筑道夫コレクション〈初期作品集〉~ (光文社文庫)

 ・悪意銀行〈ユーモア篇〉 光文社文庫

 ・三重露出~都筑道夫コレクション〈パロディ篇〉~ (光文社文庫)

 ・暗殺教程~都筑道夫コレクション〈アクション篇〉~ (光文社文庫)

 ・七十五羽の烏~都筑道夫コレクション〈本格推理篇〉~ (光文社文庫)

 ・翔び去りしものの伝説~都筑道夫コレクション〈SF篇〉~ (光文社文庫)

 ・血のスープ~都筑道夫コレクション〈怪談篇〉~ (光文社文庫)

 ・探偵は眠らない~都筑道夫コレクション〈ハードボイルド篇〉~ (光文社文庫)

 ・魔海風雲録~都筑道夫コレクション〈時代篇〉~ (光文社文庫)

 ・ベッド・ディテクティヴ 光文社文庫

 ・死体置場(モルグ)の舞踏会~西連寺剛の事件簿~ 光文社文庫

 ・デスマスク展示会 光文社文庫

 ・秘密箱からくり箱 光文社文庫

 ・前後不覚殺人事件 光文社文庫

 ・まだ死んでいる 光文社文庫

 ・目撃者は月 光文社文庫

 ・証拠写真が三十四枚 光文社文庫

 ・世紀末鬼談 光文社文庫

 ・西洋骨牌(かるた)探偵術 光文社文庫

 ・悪魔はあくまで悪魔である ――都筑道夫恐怖短篇集成(1) (ちくま文庫)

 ・阿蘭陀すてれん ――都筑道夫恐怖短篇集成(2) (ちくま文庫)

 ・雪崩連太郎全集 ――都筑道夫恐怖短篇集成(3) (ちくま文庫)

 ・絵の消えた額 (光文社文庫)

 ・グロテスクな夜景 (光文社文庫)

 ・南部殺し唄 (光文社文庫)

 ・新顎十郎捕物帳 (講談社文庫)

 ・新顎十郎捕物帳 2 (講談社文庫)

 ・髑髏島殺人事件 (光文社文庫)

 ・妄想名探偵 (講談社文庫)

 ・にぎやかな悪霊たち (講談社文庫)

 ・夢幻地獄四十八景 (講談社文庫)

 ・猫の舌に釘をうて (講談社文庫)

 

 

 

 

都筑道夫 - Wikipedia

当サイトはamazon.co.jpのアソシエイト・プログラムの参加者です。